TOP > スポンサー広告 > Title - The Greatest race meeting in the worldTOP > 箸やすめ > Title - The Greatest race meeting in the world

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも、ありがとうございます。
  ← ポチっと、していただけると、うれしいです~☆
  にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村 犬ブログ ベルジアンシェパードへ
にほんブログ村
   ←置き手紙もよろしくお願いします。
     ↓お時間があるときにでも投票ポチお願いします。
 
 ↑ お時間があるときにでも投票ポチよろしくお願いします。
  

THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

The Greatest race meeting in the world 
 
 
 イングリッシュ・ガーデンにバラの花が咲き始めたころ。

 テニスのウィンブルドン、ヘンリー・ロイヤル・レガッタ。

 ゴルフの全英オープンなど。

 世界的なスポーツイベントが数多く開催される。

 そんな中、2013年6月20日のこと。

 英国アスコット競馬場で。

 「ロイヤルアスコット・ゴールドカップ」が開催された。

 このレースは、207年の歴史があり。

 ことしは、史上初、英国王室所有馬、「エスティメイト」が制覇。

 2013-8-16-7

 至極の笑顔で黄金のカップを受け取るエリザベス女王。

 アスコット競馬場は、現在も英国王室の所有で、2005年には総工費、日本円にして、約480億円をかけて、大改修がおこなわれた。
 (英国王室ってお金持ちなんだなあ)

 近代的なグランドスタンドは、どこかの空港と錯覚しそうな趣らしい。

 「マイフェアレディ」のころとは雰囲気が違うんだなと思った。

 ロイヤルアスコット開催中、ロイヤルファミリーたちと招待客は、ウィンザー城から、約10kmの道のりを馬車で来場するらしい。

 そして、芝の直線コースとパドックを通ってグランドスタンドへ入場する。

 このロイヤル・プロセッションとよばれるパレードが自動車ではなく馬車で行われることこそ英国だとか。

 時代の変遷に惑わされることなく、良き伝統が今も受け継がれている。

 って、ここで余談ですが。

 日本の皇室、雅子妃殿下のご成婚パレードは車だった。

 日本だって、馬車馬さんは調教されているのにな。
 
 日本にだって、騎馬警官さんもいるし。

 ただ、皇室は競馬場を所有していないか。

 2013-8-16-11

 ↑↑↑ この半馬身差で勝った馬が、エスティメイト。

 チナミに、1971年、王室牧場生産の「ハイクレア」という牝馬は、

 ディープインパクトの曾祖母である。

 日本の場合、宮内庁管轄の御料牧場で神馬も生産されている。

 雅子妃の愛馬、「アハジーニョ」はUAEからプレゼントされたお馬さん。
 
 なにわともあれ、エリザベス女王、おめでとうございます。

 その数週間後には、ロイヤル・ベビーもお誕生し。

 いつまでも明るい王室であれ~♪
 
 そして、アスコット競馬場、300年、400年と続いて欲しい。

 エスティメイト、ジャパンカップにこないかな。

 んな訳ないか・・・。

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
スポンサーサイト

いつも、ありがとうございます。
  ← ポチっと、していただけると、うれしいです~☆
  にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村 犬ブログ ベルジアンシェパードへ
にほんブログ村
   ←置き手紙もよろしくお願いします。
     ↓お時間があるときにでも投票ポチお願いします。
 
 ↑ お時間があるときにでも投票ポチよろしくお願いします。
  

THEME | GENRE ペット |
箸やすめ

COMMENT LIST









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。