FC2ブログ
TOP > ARCHIVE - 2010/11

2010 101234567891011121314151617181920212223242526272829302010 12



叱るとき、レイチェル。 
  すみません、長々なつづきです~♪ 

 お付き合いしてやってくださいませ。

 レイチェルの場合、数々なイタズラはしでかしてくれたのですが、これといって叱った記憶がないのです。 

 ダメ!って言葉は数々使ったことはあったのですが。

 正確には、怒ったことがなかったかな。

 イラっとしたことが、なかったのです。

 最初の目標は、所長さんに訓練をしていただいて、いずれは社会に貢献できるようなシェパードになってくれたらなと。

 そう思っていたのですが。

 一緒に暮らし始めたら、離れられなくなってしまい。

 レイチェル自身、闘病生活を送ることになったりして。

 それでも、やっぱり、訓練試験だけは合格したい、というささやかな夢を抱いておりました。

 自己流ではありましたが、ダンベルを口にするところまでやって、その先は、霧ヶ峰が終わったら、一度、所長さんにみていただけたらなあって。

 そんな勝手な計画をたてていました。

 そして、年明けには受験できたらいいなって。

 スローペースな歩みかたでしたが(これは、わたしの教え方が悪いのです)覚えてくれたことを忘れない子でした。
 
 ただ、ローラとバレリーが一緒にいるときは、全く集中はできなかったのですが。というより、わたしのやり方が悪かった。


   


   先輩の、ふくちゃんとクララちゃん。

   レイチェルのお手本になってくれました。


   2010-8-31-16 


   2010-7-25-15 


  ダンベルのときは、厳しくしてしまいました。

  いまでも、「ごめんね。」 って。



   


   いつも、こんなことばかりやっていましたね。

   面倒くさくなると、逃げちゃう子。


   


   FFより~♪  永遠のレイチェル。


   2010-8-9-24


   レイチェル、早く生まれ変わってきてね。

   ずっと、待っていますからね。

   長々なブログに、ありがとうございました。



  お気軽にコメントを残してくださいね。

  もしくは、ご訪問履歴に足跡を残してくださいませ。

  よろしくお願いします。






スポンサーサイト




いつも、ありがとうございます。
  ← ポチっと、していただけると、うれしいです~☆
  にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村 犬ブログ ベルジアンシェパードへ
にほんブログ村
   ←置き手紙もよろしくお願いします。
     ↓お時間があるときにでも投票ポチお願いします。
 
 ↑ お時間があるときにでも投票ポチよろしくお願いします。
  

THEME | GENRE ペット |
親心 | TB : 0 | CM : 52 - | Top▲

COMMENT LIST

【】 by Bianca


昨日は携帯を握ったまま寝てしまい、コメできずゴメンなさい。
キキコさんにもそんな悩みがあるんですねえ。うちのヤンキー娘にはシェンロンの爪の垢を食べさせないと。
うちの子はほとんど叱っていないんです。すっかりヤンキー娘です私をリーダーだと認識させることだけやってきました。コマンドもほとんど教えてません。飼い主の気持ちを理解させることに重点をおいて。呼び戻しはほぼ完璧ですよ。リーダーを常に意識させることが大切と犬舎さんから教わっています。まだまだ足りないんですけどね。
今一番の問題は、うちの子は家族以外の人ダメなんですよココナの存在を全く気にせず通り過ぎる人には冷静にしていられるのですが、一声掛けられるとウゥーって向かっていくんです。そういう時、人間は犬の顔を見ますよね。でも犬同士では目を見る=喧嘩を売っていることなんです。ココナにとって家族以外の人間は得体のしれない生き物。人間という生き物は目を見て喋る生き物だということを認識させるために目を見ながらたくさん話しかけてあげることを今やってます。
お互いに頑張りましょうね。

【】 by かなみ


叱り方、育て方、人それぞれいろんな考え方がありますよね。
うちはライラがルークのこと守ろうとするから、ふたり一緒だと大変なんですよ^_^;
これも、訓練士さんが言うには私がしっかりしてないからだと。。。
私はよくあまいあまいと言われます。
ダメダメですよね^_^;
もっとしっかりしなきゃって思うんですけどね。

【】 by ティクレア


ふふっ((´∀`))
レイチェルちゃん☆
首を右に左に~
こんな表情を間近で漏れるのは
飼い主の特権ですね~( ̄ー ̄)b

ワンコのしつけについては
様々な考えがありますよね
家族との関係や
ワンコ社会への適応。。
幸せなワンコライフを過ごしてもらうためには
最低限のマナーは。。ねっ(oゝД・)b!!

【】 by ケンゴロウ


レイチェル!
あれ~?あれ~?あれ~?
爆笑しました!(笑)

【】 by はいり


レイチェルちゃん
ほとんど叱られたことがなかったなんて
おりこうさんだったのね!
躾けはそれぞれのお家によってさまざまなので
たまーに、叱るポイントが自分の感覚と全く違う飼主さんにも会いますよね。
(前記事の、ローラちゃんを噛んだ子の飼主さんとか!)
でも同時に、私も人様から見たら
おかしな飼主だったり??
なんて事はないようにしたいと思ってますが。
うちのろむも、ビビリで警戒心が強く吠えるので
困って、トレーナーさんに訓練を受けたことあるんですよ。
少しだけ、マシにはなりましたけど・・・^^;

【】 by いっしん


レイチェルちゃんのあれぇ?って
首をかしげる仕草と耳が可愛くて
何度も動画見ちゃいました(o^―^o)

躾って難しいですね。
我が家はしつけ教室に通ったのですが、
私は飼い主初心者なので、フランをしつけてもらうというより
私がノウハウを教えてもらいに行きました。
キキコさんの文章を読んでいて
最近私は、なぁなぁになってたなぁ~とちょっと反省☆☆
フランが失敗する原因は
よーく考えると私の接し方に原因があるんだよなーって^^
初心に戻って私も頑張ろう☆☆
そんな気持ちになりました!
ありがとうございます(*^。^*)

【】 by Kiki


キキコさんのおこちゃまたちは、みんな、うそみたいにいい子なんだな~ とうらやましく思ってましたが、キキコさんが、きちんと叱るところは、叱ってらっしゃるからなんですね~~

そりゃ~はじめっから、行儀のいいワンちゃんなんていませんもんね。。 すべて飼い主次第ですよね。

わたしも、まったく同じ考えです。 競技会に出るように、きちんと歩けなくたっていいから、人や犬に吼えることはダメって教えてあげたいです。

バンは、叱るより褒めて伸びるタイプのようで、よっぽどのことがない限り、手は出しませんが、花子は、体で教えないと、応えないタイプです。。。
なので、結構、バシバシ、厳しくしてますが~~ それでも、なかなか、、、吼えちゃう癖は直りません。
しつけって、本当に難しいですね~~

そうそう、バンも花子がよその犬に吼えているときは、花子に、「うるせ~!」 って指導してくれますが、逆に、花子がやられそうになると、相手の犬に、向かっていっちゃいます。。。
なので、2匹一緒に、ドックパークなんかには、なかなか連れていけなくって。。。
すみません、長くなっちゃいました~~

マナーをはずれた飼い主だけにはならないように、がんばりま~す。


【】 by buchi


レイチェルちゃんを手元に置いてはる…ってランでお会いした時にお聞きしましたよね。
ホント、何度も言いますが、あの優しいお目目は忘れられません!

そうそう、クララがランに入った途端にローラちゃんとバレリーちゃんにワンワンされました(笑)

どれも楽しい思い出ですね。

【】 by toyo


凄~~~い!!!3本立て!!!

一言で躾って言いますが、ホント大変ですよね~。
実際に大変なんて思ったことはないですが^^
たまに厳し過ぎるかな~って思うこともよくあります。
実は結構手上げます!!
コンビで勝手な行動されると一大事になりかねませんからね~~^^;
この前ネコ発見してダッシュされて転びました・・・
ガッチリ、ヤキ入れました!!!
大型犬だからそれなりの力での躾も大事かなと・・・
なんぼ温厚でも何があるかわからないですから・・・

それにしてもレイチェルの動画、強く抱きしめたくなります!!!^^
また癒されました^^♪♪

【】 by さき


人間の子育てをしていても手が出る時もあります。
痛さを分かってこそと言う時もあります。
それは決して自分の憂さ晴らしではなく。
きちんと責任を持っての行為ですものね。
一番大事なのは親や飼い主さんの態度だと思います。
キキコさんの子供達がいい子なのはキキコさんがきちんと躾に前向きだからだなと思います。
ローラちゃんは一般的によくお見かけするタイプな子ですよね。
頭がいいから相手を試しているのかな。
呼び戻しがきちんと出来ていたら人を噛む事もないと思いますが。
キキコさんの子供で良かったですね。
時には厳しさがある方がいいのではないかと思います。

叱るとき、バレリー。 
  ローラに続いて、バレリーの場合。

 一番よく叱ったことは、拾い喰いをしたときでした。

 手を挙げたことも、度々あります。

 危険行為はさせない! というモットーで。

 拾い喰いには、厳しく接してきたと思います。

 ニュースや新聞などで、お散歩中に毒入りのなにかを食べてしまって、愛犬をなくされたことなどを耳にすると、なおさらでした。

 次に、上位行動をとったときにも手を挙げました。

 自分よりも体の小さい子には、どこででも、なりふり構わずにマウントしようとしていたころがあったりして。

 これは、許せない行為です。

 それ以外は、のんびりとした性格の子。

 そう思っていたのですが。

 レイチェルがパピーのころ。

 バレリーの夏休みの間、一緒にすごすようになって、お姉ちゃん意識が芽生えてきたのかな。

 レイチェルのことを守ろうとしていました。

 その守り方が、激しかったのです。

 レイチェルに近寄るワンちゃんたちは、すべて排除してやろう! というような勢いだったかな。

 自分よりも体のおおきなワンちゃんたちには、静かに唸り声をあげて威嚇し、同体くらいの子は追い払っていました。

 この行為は、さすがに、手を挙げることはできず。

 ひたすら呼び戻し、コマンドは、『あと!』

 それには、しっかりと従ってくれていましたが、しばらくは、目を離せなかった時期でした。

 そうこうしているとバレリーの夏休みも終わり、一時、訓練所に帰っていったのですが。

 所長さんのおかげで、家庭では、のんびりさんなバレリーに戻ってくれたので安心したものです。

 群れで暮らす習性のワンちゃんたちが、仲間を守ろうとする行為は、長所でもあると思うのですが。

 バレリーは激しすぎたかな。


  2010-5-13-6 


2009-11-2-11 2009-11-2-12


 普段は、ボーっとしてる子なんだけどな。


    


   激しかったころのランで。

  とってもフレンドリーなビーグルちゃんなのに。

  レイチェルに近づいたら、追いかけたりして。 


  2010-9-21-9 


 いまは、もう叱られることは少なくなりましたね。

 わが子に手を挙げることに賛否両論・・・。

 というより、非難されたり軽蔑されることが多いのですが、わたしは、メリハリが大事なのではないかと。

 いまでも、これからも、そう信じています。

 手を挙げないですむのなら、そうしたいもの。

 だけど、手を挙げられたのはバレリーだけでしたね。 

 生意気言いました。また、つづきます。

 よろしくお願いします~♪


 




 

いつも、ありがとうございます。
  ← ポチっと、していただけると、うれしいです~☆
  にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村 犬ブログ ベルジアンシェパードへ
にほんブログ村
   ←置き手紙もよろしくお願いします。
     ↓お時間があるときにでも投票ポチお願いします。
 
 ↑ お時間があるときにでも投票ポチよろしくお願いします。
  

THEME | GENRE ペット |
親心

COMMENT LIST

叱るとき。 
  11月18日(木)

 午後から小雨が降ってきた、こちら方面です。

 最近、あれこれと、よーく考えることがあります。

 その1つに、うちのワンコたちの教育のこと。
 
 よそ様に迷惑をかけない子になってほしいなと。

 長女?ローラを例にとってみると。

 まずは、短所として、すぐに挙げられることは。

 初対面のかたや、ワンちゃんたちに、甲高い声で、うるさいくらいに、よく吠えることです。
 
 それどころか、大型犬さんで温和な性格の子には下から噛み付いていることもありました。

 こんなところは、相手さんをよく見ているのですね。

 わが子ながら、こんな面は小ざかしいなと思います。

 ローラにしたら、ちょっとしたデモンストレーションなのかも知れませんが、とにかく、うるさい。
 
 これを叱っているのに。

 なおったのは、玄関チャイムに反応しなくなったことだけ。

 根は怖がりなんだろうけど、初対面のかたに(ワンちゃんも)ローラなりに威嚇しているように感じます。

 ローラの肩をもつと、小型犬ゆえ? パピーのころ、何度か襲われたことがあり、つい先日もごく普通に歩いているときに、背後から、よそ様のワンちゃんに噛まれました。

 わたしも抱っこしていたら良かったと反省しましたが。

 その飼い主さん、それを見ながら叱らない。

 謝らない、それどころか、止めようともしなかった。

 これには、言わせていただきましたが。
 
 うちの子たちは、決して反対の立場にならないように育てていきたいと、より一層に固い決意をしました。

 このとき、レイチェルがいたら。

 きっと、間を割ってくれてたんだろうなって。

 ローラを抱きしめながらも恋しくなりました。


  2010-7-7-20 


   「レイチェル、頼もしかったね。」

 続いて、ローラの長所は、先ほどの短所とは矛盾しているのですが、初対面のかたと数分もすると、甘えん坊モードにスイッチが切り替わり、伸び伸びとしていて、おおらかに接することができることです。

 おうちシャンプー、耳掃除、歯磨き、爪きり、平気です。

 偏食もせずに、療養食でも食べてくれます。

 コマンドの覚えが早く、即戦力?として使いこなせたり。

 自己流ですが、訓練試験(指定訓練所内での)に合格できたのは、この子の才能かと、また親バカぶりを発揮しているところです。

 競技会には出たことがありませんが。

 アジリティの科目も、なんなく覚えてくれました。

 しかし、わたしの願いは、脚側中の伏臥ができることよりも、無駄吠えをしない子になって欲しいと。

 ただ、それだけなのにな。

 その一つが、わたしにはとてつもなく重く難しい。


  2010-7-6-15 


   「おかあさん、ファイト!!!」

   つづきます~♪

 

 


いつも、ありがとうございます。
  ← ポチっと、していただけると、うれしいです~☆
  にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村 犬ブログ ベルジアンシェパードへ
にほんブログ村
   ←置き手紙もよろしくお願いします。
     ↓お時間があるときにでも投票ポチお願いします。
 
 ↑ お時間があるときにでも投票ポチよろしくお願いします。
  

COMMENT LIST







| HOME |